読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルートを引くのがヘタ

気ままにロードバイクに乗ったり登山してみたり。ルートラボでルートを引くのが好き。

ヤマノススメ~登山はじめは飯能へ~

お久しぶりでございます、しおりです。

ブログを更新しようと思ってたんですけど体調崩したりなんだりで書けずにいました。

みなさんも風邪には気を付けてくださいね。

私は旦那にうつしたんでもう元気です。

 

さて、先週の土曜(1月7日)に登山へ行ってきました。

といっても標高が高いと雪が積もってるので低山で。ヤマノススメという漫画(アニメ)の舞台にもなっている「飯能」で探すことにしました。あおいちゃんのパンツ(*´Д`)

 

まず本屋さんで地図をGET!いい感じの山はないかな~と探していると「さわらびの湯」という表記を発見。

f:id:x00023x:20170112194910j:plain

温泉大好きマンとしては超ご褒美!さわらびの湯を出発点にして蕨山(わらびやま:標高1044m)まで登ることにします。

 

8:00 駐車場着、登山開始。

f:id:x00023x:20170112204208j:plain

 登山道へはお寺にあるお墓の横を通っていきます。現地行くまで道が分かるか不安だったけど、バス停の道をはさんですぐだったので分かりやすかったです。

 

f:id:x00023x:20170112204209j:plain

ここから蕨山まで6.5kmだそうです。いざ出発!!

f:id:x00023x:20170112204210j:plain

f:id:x00023x:20170112204211j:plain

この植物をよく見かけたけど、なんでしょう。ふわふわしてて可愛い。

 

f:id:x00023x:20170112204212j:plain

金比羅神社跡。ご本尊様はいらっしゃるようですが、どうしてこんな荒廃してしまってるのでしょうか。天災で社が壊れてしまったのか…

 

f:id:x00023x:20170112205112j:plain

 

f:id:x00023x:20170112205119j:plain

手を合わせて、先へ進みます。

ここまではほどほどに勾配もありましたが、神社跡を境に尾根伝いに歩いていくことになります。

この街道を旅してる感。江戸時代か。

f:id:x00023x:20170112204213j:plain

f:id:x00023x:20170112204214j:plain

霜柱が!!!!

霜柱大好き!!!標高が上がるにつれて、どんどん大きくなっていました。歩くとガサガサするのがたまらなく好きなのですww子供かw

 

f:id:x00023x:20170112204215j:plain

 

なんか狂気を感じる。

 

先へ進みます。

 

f:id:x00023x:20170112204216j:plain

f:id:x00023x:20170112204217j:plain

尾根伝いなので、視界が広くて気持ちがいいです。

人工林の為、手入れがされていて木々が均等に植えられているので鬱蒼としたイメージはなく、どちらかというとライトな感じ。木々の間から名栗湖が見えます。

f:id:x00023x:20170112204218j:plain

一つ目の山、藤棚山へのアプローチ。この登山ルートには岩場がほとんどありませんので、貴重な岩成分。自転車でいうと短距離の激坂。

いい刺激です。

f:id:x00023x:20170112204220j:plain

藤棚山のピークに到着!

f:id:x00023x:20170112204221j:plain

再び街道…じゃなくて尾根。道が広く整備されているのでとても歩きやすいです。

 

f:id:x00023x:20170112211133j:plain

しかしピークまで行くわけだから登るわけです。結構な斜面をよいよいと登っていくと、最終目的地、蕨山山頂へ!!!

f:id:x00023x:20170112204222j:plain

疲れたーーー!!ついたーーーー!!!!メシがうまい!!!!

 

f:id:x00023x:20170112204225j:plain

景色も最高だぜ!!!!

 

f:id:x00023x:20170112204223j:plain

男女グループの方々が「ライチョウじゃね?これライチョウじゃね??」と言っておりましたが山の神に誓っても違うと思う

 

f:id:x00023x:20170112204224j:plain

しかも本物の山頂はもう少し先にありました。

人をおちょくっているのか。

 

てなわけで先ほどの鳥の居た見晴台でご飯を食べ、休憩してから下山します。

f:id:x00023x:20170112212219j:plain

山の上で食べるカップラーメンってなんでこんなにおいしいんだろう。

コンビニの塩おむすびを最後に投入して、シメのカレーライスも楽しめます。最高。

 

下山は同じ道を下るだけなので割愛しますが

MTBが颯爽と駆け抜けて行ったり、スケートボードを抱えて登ってくる親子が居たり、なんだかすごい山だなとおもいました。

MTBはわかるけどスケボーは何だったんだ。

 

無事に下山し、ご褒美の「さわらびの湯」で疲れた体をじっくり癒します。

f:id:x00023x:20170112213139j:plain

大人3時間800円、下駄箱と脱衣所のコインロッカーがそれぞれ100円(鍵開けると戻ってくるタイプ)

脱衣所はただのカゴもあるし、大きなザックでもおけるスペースがあるので安心。

お土産コーナーにはヤマノススメグッズもたくさん置いてありました。

 

ありがとう!!飯能!!また来るよ!!!